Skip to content

パンも焼ける焙煎士

素人が焙煎を始めるときに 必ず読む本がこの本です。

非常に丁寧に判りやすくコーヒー全般について書いていて

さすがに経験豊富な方だなぁと思いながら読んだものです。

焙煎方法の公開はこの業界の人は あまりやらない様なので

貴重な本だと感じています。

パン屋も他店に手伝いに行くときも釜だけは その店の癖があり

あまり手を出しません。ましてコーヒー屋はその釜で焼くだけに

集中するのですから、誰もが共有する焼き方は存在しないんですね。

今回プロバットを買って判ったことは田口さんの焙煎プロファイルは

国産品ようで外国の焙煎機には当てはまらないことがわかりました。

そうは言っても焙煎のポイントはこの本で勉強したので今でも

時々、開いて参考にしていますし新たに気づかされる事もあります。

まぁ、一番怖いのが思い込みに縛られることですね。