Skip to content

ブラジルの豆

ブラジルはコーヒー生産面積も生産量も世界一のコーヒー大国です。

中米に比べると低地で栽培されることが多く 総じて肉薄の小さな

豆が多いいので 焙煎度は浅いりから中煎りまでが良いとされています。

酸味も弱くクセもなく ほかの豆の味に影響を与えにくいので

ブレンドに使われることが一番多い豆です。

 

ブラジル豆の大きな特徴は、収穫した実をそのまま乾かす「ナチュラル式精製法」

が今でも中心なことです。この製法の豆はチャフが多く焙煎時に焦げやすい

欠点がありよく「ブラジルの豆は苦いね」と言われます。

しかし、ナチュラル特有の発酵臭はとても魅力があり特定の農園の豆などは

非常に人気があり高値で売られています。

 

写真は左がブラジル、右がエクアドル産の豆です。エクアドルの豆は

主流の精製法の「ウォッシユト」です。ブラジルよりも焼きむらが

少ないように見えます。このため味もクリーンですっきりしています。

今日はこのへんで終わりたいと思います。