Skip to content

パンも焼ける焙煎士

パイローラーの在った場所に焙煎機が入り、少しコーヒー屋らしくなりました。

このプロバットは非常に高性能で世界で一番売れてる焙煎機らしい理由が

良くわかります。

いかし、値段は高すぎますねぇー。機械としては不完全ながら安い国産品にして

やれ排気がどうの中点が何度、焙煎時間は何分がよいなどと頭の中をぐちゃぐちゃ

にしながらも職人っぽく一定の味を出すのにがんばるのも悪くはないです。ただ

私はパンで十分やり尽くしたし、2台の国産焙煎機で焙煎理論は少しは学んだので

もうけっこうです。これからは使いこなせるようになった2台の焙煎機と

楽しめるプロバットでお客様に気に入って貰えるコーヒーを焙煎していきたいと

思っています。

 

しかしここが一番の難関「お客様に気に入って貰える」、、、、、です。