Skip to content

コスタリカ ラ パストーラ アフリカンプロセス

明日からストレート豆がコスタリカ ラ パストーラ アフリカンプロセスに変わります。

コスタリカはタラス エリアのマイクロロットで、トップスペシャリティーと十分呼べる

コーヒーだと思います。

コスタリカの豆は酸味が強く残る傾向がありますが この豆は生産処理の過程でソーキングと

アフリカンプロセスを取り入れて入るためマイルドな酸味になっています。

ワタルのカッピングプロファイル

プラム、ダークチョコレート、クリーミーマウスフィール、グリーンアップル、ライム

と在りますが、これは浅煎りの時なので私の焙煎度ではプラム、クリーミーマウスフィール、と

その他いろいろですね。本当は具体的に書ければいいんですが、これが難しくてよく判りません。

ワインなんかもぜんぜんわかりませんね。

飲み口は滑らか、酸味はやさしい、苦味はほぼ無く香りは強い。これが

私の感想です。

ぜひ、一度お試し下さい。

豆売り 100g 700円

店内  一杯 450円

注文焙煎の問い合わせはplain1227@yahoo.co.jpまでお願いいたします。